当サイトはIE9.0以上、Firefox、Chromeでの閲覧を推奨しています。

当サイト内の画像、その他コンテンツの無断使用を禁じます。© 2016 by Nakajima woodturning studio

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

シャープニング用品

Acutus™ CBNグラインディングホイール

オリジナルデザインで新発売!

CBNとは?

CBNとはCubic Boron Nitride(立方晶窒化ホウ素)の略で、

現在工業的に利用されている砥粒ではダイヤモンドに次ぐ硬さを有しています。

ダイヤには及ばないとはいえ、一般的なアルミナ系や炭化ケイ素系砥粒の数倍も硬く、その性能差は圧倒的です。

 

ではより硬いダイヤの方がもっと良いのではないか?という事になりそうなのですが、実はグラインダーなどでの高速研磨では、鉄系の刃物とダイヤ砥粒は相性が良くありません。

研磨時の発熱でダイヤ(=炭素)と鉄が反応してしまうことで

ダイヤ砥粒が急激に磨滅し、すぐに研削できなくなってしまうのです。

 

そこで鉄との相性も良く、非常に硬いCBNが鉄系合金(ニッケルやクロムも含む)の

研削ではスタンダードとなっているのです。

 

これまでCBNを用いた研磨材は超精密加工分野に用いられることが殆どで、

その価格も数万円から数十万円と非常に高価なものでした。

 

近年の研究進歩と生産体制の普及により、ようやくエンドユーザーにとって

現実的な価格帯の商品として、ご紹介できるに至りました。

なぜCBNなのか?

従来よりは低価格になったとはいえ、一般的な砥石と比較するとやはり高価なCBN砥石ですが、

それでもナカジマがお勧めしたい理由、それは以下の5点です。

 

・抜群の研削力が長期間持続する

 

・研削時の発熱が非常に小さく、刃物を傷めない

 

・金属製ホイールなので割れによる事故の危険性がない

 

・殆ど摩耗しないのでドレッシング・ツルーイングが不要、直径も変わらない

 

・研削時に火花が殆ど出ず、有害な砥粒粉じんも殆ど発生しない

さらにAcutus™独自の優れたデザインとして

・砥石側面にも砥粒が配してあり、平面研磨が可能

・アルミニウム合金製のボディで、放熱効率を向上

・鉄製に比べ1/3程度まで軽量化されているため、グラインダー本体への負荷を軽減

・200mmグラインダーの標準規格である軸径5/8"(15.88mm)専用とすることで
より高精度化を実現

※150mmタイプは穴径1/2"(12.7mm)


 

今お使いの砥石に不満を感じているなら、是非お試しください。

CBNホイールご使用上の注意

 

・使用時はホイールにツールを強く押し付けないでください。表面の電着層を傷める原因となります。

・ツールの重みを乗せるだけのタッチで十分な研削量が得られ、長期間使用できます。

・研削液を使用せず、乾式でご使用下さい。当製品は乾式研磨で最高の性能が発揮できるよう設計されています。

・グラインダーへの取り付けは確実に行い、固定ネジをしっかりと締めてご使用ください。

・安全のため、使用時には必ずゴーグル等の保護具を着用してください。